フランス文化を発信するイベント情報サイト

映画

シャンタル・アケルマン映画祭 2024

シャンタル・アケルマン映画祭 2024

日程

2024年6月19日(水)~7月7日(日) 

※毎週月曜、火曜、6/22(土)は休映

会場

東京日仏学院エスパス・イマージュ

料金

一般:¥1,500/アンダー30割:¥1,000 ※tecketにて6月5日よりご予約頂けます。当日券も各回10枚ずつ用意しております。上映日当日のみ、受付にてお買い求め頂けます。
お問合せ:マーメイドフィルム TEL:03-3239-9401

※受付でのお支払いは現金のみとなっておりますのでご了承下さいませ。 ※上映開始15分前に開場、整理番号順にご入場頂けます。お席は自由席です ※劇場内ではペットボトル飲料以外のご飲食はお断りしております。

既成の映画ルーティンをことごとく破壊し、観る者を全く新しい地平へと誘う映画監督、シャンタル・アケルマン。2022 年にはイギリス映画協会が10 年ごとに選出する「史上最高の映画100」にて代表作『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番地』 が見事1 位に輝いた(2 位はA・ヒッチコックの『めまい』、3 位はO・ウェルズの『市民ケーン』)。今年で3 度目となる今回の特集上映では『ジャンヌ・ディエルマン~』など昨年上映された12 作品に加え、極めて重要なドキュメンタリー3 作を初めてラインアップ。また、映画編集者として公私ともに30 年もの間アケルマンを支えたクレール・アテルトン氏の来日も急遽決定。静謐な眼差しで自己と世界を見つめ続けたアケルマンの旅は、今も続いている。

 

上映作品:

街をぶっとばせ (1968年/12分)
ホテル モンタレー(1972/63分) 
私、あなた、彼、彼女 (1974年/86分)
ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23番街 (1975/200分) 
家からの手紙 (1976年/85分)
アンナの出会い(1978年/127分)
一晩中(1982年/90分)
アメリカン・ストーリーズ/食事・家族・哲学 (1989年/91分)
東から (1993年/115分)
(1999年/70分)
囚われの女 (2000年/117分)
向こう側から (2002年/102分)
オルメイヤーの阿房宮 (2011年/127分)
ノー・ホーム・ムーヴィー (2015年/112分) 

  • Collections CINEMATEK – ©Chantal Akerman Foundation

  • Collections CINEMATEK – ©Chantal Akerman Foundation

  • Collections CINEMATEK – ©Chantal Akerman Foundation

  • Collections CINEMATEK – ©Chantal Akerman Foundation

  • Collections CINEMATEK – ©Chantal Akerman Foundation

  • Collections CINEMATEK – ©Chantal Akerman Foundation

    シャンタル・アケルマン

    1950 年、ベルギーのブリュッセルでユダヤ人の両親のもと生まれる。母方の祖父母はポーランドの強制収容所で死去。15 歳のときにジャン=リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』(65)を観て映画を志し、自ら主演を務めた短編『街をぶっ飛ばせ』(68)を初監督。その後ニューヨークにわたり、初めての長編『ホテル・モンタレー』(72)を手掛ける。1 9 7 5 年、2 5 歳にして平凡な主婦の日常を描いた3 時間を超える『ジャンヌ・ディエルマン ブリュッセル1080、コメルス河畔通り23 番地』を発表、世界中に衝撃を与えた。その後もミュージカルからドキュメンタリーまでジャンル、形式にこだわらず数々の意欲作を世に放つ。2015 年10 月、パリで逝去。

    DEVENIR PARTENAIRE

    パートナーとして、協賛・寄附する

    日本におけるフランス文化の発信そして日仏文化交流をご支援してくださるパートナーを募集しています。

    S’IMPLIQUER À NOS CÔTÉS

    募集情報

    フランスに関わる様々な募集情報を掲載しています。