フランス文化を発信するイベント情報サイト

ガストロノミー

映画

講演会

フランコフォニーのお祭り:スイス人監督作品『セカンドライフ』上映+トーク

フランコフォニーのお祭り:スイス人監督作品『セカンドライフ』上映+トーク

日程

2024年3月22日(金)

時間

18時30分~21時

料金

入場無料・要事前予約(定員30名)

参加

対面

フランコフォニー月間の開催にあたり、九州日仏学館はスイス大使館との共催で、フランス語の世界的な影響力、共通の価値観、そしてフランス語圏をつなぐ友好をお祝いします。

 

今回は、スイス人監督ミカエル・ラペール監督による、最新ドキュメンタリー映画『セカンドライフ』の上映にご招待いたします。

住んでいたジュネーブを離れ、東京でパティスリーを開くことを決意したスイス人一家を追った魅力的なドキュメンタリー作品です。この壮大な旅が始まったとき13歳だったユマは、この映画のナレーターであり、主人公の一人であり、そしてスマートフォンでいくつかのシーンを撮影した監督の一員でもあります。

今回彼女は東京から特別に来日し、映画の上映後はトークショーも行います。

トークの後は美味しいスイスのワインとチーズを楽しみましょう!

皆様のご参加をお待ちしております!

 

入場無料・要事前予約(定員30名)

申し込み締め切り:3月15日(金)

 

18 :15 開室

18 :30 オープニングスピーチ

                在福岡スイス名誉領事ジョエル・サンビュック・ブロワーズ氏

18 :35 スイスにおけるフランス語圏の紹介

                スイス大使館広報・文化担当サラ・ボクマン氏

18 :50 映画上映『セカンドライフ』

20 :20 主人公ユマさんのトーク・Q&Aセッション

20 :40 スイスのチーズとワインの試食

21 :00 閉会

 

 

映画『セカンドライフ(原題:2nd Life : Tout quitter pour Tokyo)』

スイスのジュネーブに住む4人の子持ちの一家が、スイスにすべてを残し、何の経験も日本語の知識もないまま、東京でお菓子屋さんを始めるまでの物語です。そして、予想もしなかった新型コロナウイルス感染症のまん延。この冒険の一部始終を、一家の13歳のティーンエイジャー、ユマが語っています。

この映画は、主にリモートで作られました。というのも、新型コロナウイルス感染症の影響で日本の国境が閉鎖されたため、日本で撮影できたのは1回だけだったからです。そこで、ナレーターのユマがスマートフォンでビデオブログを作るスタイルで映画の続きを撮影するという、非常に「ユーチューブ的」な展開になりました。

この魅力的で感動的な冒険をご覧ください。

©RADIO TELEVISION SUISSE (RTS), Michael Lapaire

 

 

協力・協賛:在日スイス大使館、在福岡スイス名誉領事館

 

 

DEVENIR PARTENAIRE

パートナーとして、協賛・寄附する

日本におけるフランス文化の発信そして日仏文化交流をご支援してくださるパートナーを募集しています。

S’IMPLIQUER À NOS CÔTÉS

募集情報

フランスに関わる様々な募集情報を掲載しています。